ハクナ マタタ

心配ないさー\(^o^)/

銀と月

ー時刻ー夕方

 

「ではそろそろ帰る。依頼の件、頼んだぞ。」

 

「はいよ。ったく相変わらず人使いの荒いこと。」

 

「文句を言うな。依頼を受けるのが主の仕事じゃろう」

 

煙管を加えた女は玄関へと足を進める。

後ろからは銀髪の男がのそのそと後を追う。

彼女と同じように靴を履こうとするが、

 

「いや、ここで構わん。一人で帰れる。」

「・・・・そうか。」

 

彼女が玄関を開ける。

外はあいにくの雨模様。

一日雨だったせいか、下を見渡せば所々には水たまりが出来ていた。

 

「こう何日も雨が続くと気分が萎えていけねエや。」

 

「・・・・・・・」

 

女は答えず、ただ外の景色を眺めていた。

「・・・・どした。」

 

男の呼びかけになお応じず、彼女は玄関先で佇んでいた。

どうやら景色を眺めているわけではないらしい。

 

やがて彼女は自分の二の腕をさすり出した。

 

 

 

「寒い」

 

「・・・え。」

 

彼女は振り返る。

「寒い。すまないが何か羽織れるものはないか。」

 

「え、羽織れるもんって言われてもアイツのじゃサイズ合わねえし・・・」

 

「そ、それはそうじゃな。」

 

彼女は思案し、やがて口を開いた。

 

 

 

 

「で、では仕方ありんせん。主ので我慢する。」

 

 

 

「え。」

 

男は困惑する。

 

ーーー確かに日中よりは少しばかり冷えた気もするが、

そんなに寒いか。というより、俺のをよこせって。。。ーーー

 

疑いの眼差しを彼女に向ける。

 

「な、なんじゃ。別に女物が良いとは言っとらんじゃろ。

主ので我慢してやると言うとるんじゃ。」

 

「お、おう」

 

ーーー・・・まぁ、あれか。俺のでも良いってほど寒いのかね。

何だか顔も少しばかり赤いし。

ん?ひょっとしてコイツ・・・ーーーーーー

 

 

「お前、風邪か?」

「いや、別にそこまで寒いわけでは・・・」

「違うのか。でも顔が少しばかり赤いぞ。」

 

男はおもむろに玄関へと降り、彼女の顔を確認しようとするが。

 

「だ、だだ大丈夫じゃ!ちょっとばかし肌寒いというだけで、その・・・」

 

今度は下を向いてしまった。

 

ーーーーー・・・まぁいいか、服なんていくらでもあるし。

それにそろそろドラマの再放送が始まるからな。ーーーーーー

 

 

それ以上の詮索は不要だと判断した男は

自室に向かう為、玄関からあがった所で動きが止まった。

 

 

男の裾を、彼女が掴んでいた。

 

 

 

 

「おいちょっと待て。どこへ行く。」

「どこって服取りに行くんだよ。」

 

「・・・・違う。」

彼女は男の裾をちょこんとつまみ、呟く。

 

 

「わっちが欲しいのはこれじゃ。」

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

地下街。

そこはかつて、日の光を嫌った王が支配していた。

しかしある時一人の男を先導に地下街にて革命が起こされた。

やがて王は去り、今では閉じられた天井が開き

昼には太陽、夜になれば月を仰ぎ見ることの出来る”元地下街”となった。

 

王がいなくなり縛られた鎖はひきちぎられたのだ。

 

 

 

「きゃーー!やりましたね頭!良かった!!」

 

自由とされた街の治安を守る自警団。

王が去ったことで抑えられていた統制は崩れ、

小さな悪が街を狙うようになった。

普段は街の住人を守るために戦う彼女たちも

今日ばかりは黄色い声が飛び交っていた。

 

 

 

「か弱い女の子アピール作戦!大成功でしたね!!」

「ん、ま、まぁ・・・しかし、ヤツ何だか呆れたように見えたが。」

 

「良いんですよ!!ゲット出来ればこっちのもんなんですから!!」

「そ、そうか。」

 

煙管を加えた彼女の周りには、自警団である

女たちが取り囲んでいた。

 

「うわー、これがあの救世主の一張羅ですか。

ちょっと頭立ち上がってみてください!私たち、もっとしっかり見たいんです!!」

 

「う、うむ//」

 

座っていた彼女は腰をあげ、部下である自警団の前で立ち上がる。

 

「うわあああ!頭!可愛いです!サイズが合っていないその

ぶかぶか感がたまりません!!!!!」

 

「これはもう付き合っている彼の部屋に急遽泊まることになり、

しかし着替えを用意していなかった彼女が彼のYシャツを着た時のように

可愛いいい!!!」

 

「う、うん(*'ω'*)(そ、それは少しばかりずれているように思うが・・・)」

 

ーーーとりあえず、似合っていると受け取って良いようじゃな。ーーー

 

 

・・・・・・

ーーーしかしなんじゃ、これはなんというか。

まるでヤツに包み込まれて・・・・

 

いや、それは大袈裟かもしれんが、でも。

・・・・あ、ーーーーー

 

 

彼女は思いだしたかのように羽織った一張羅を見つめる。

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 「は?これが欲しいってお前・・・」

 

「・・・これが良い。」

 

「・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・」

 

「わーったよ。じゃあ今取ってくるから」

 

「・・・・・・・・・・・・」

「あの~裾を離してもらわないと取りに行けないんですが。」

 

彼女は顔を上げるが、言葉は出てこない。

目線を男から掴んでいる服へと移し、裾をちょんちょんと引っ張る。

 

「・・・・・・」

「・・・・・・」

 

「え、これ?」

「そうじゃ。わっちはこれが欲しいんじゃ。」

 

「・・・・・・」

「・・・嫌なのか?」

 

「いや、別に嫌ってわけじゃ・・・」

「・・・・臭いのか?」

 

「臭くないですううううう!!!

ちゃんと毎日洗ってますから!!!!」

「ではさっさと脱ぎなんし。わっちも時間がないんじゃ。」

 

「・・・へいへい。」

 

男は自分の着ていた一張羅を脱ぎ、彼女に手渡す。

 

しかし、彼女はすぐに羽織ろうとはせず、その一張羅をまじまじと見つめる。

両手を使って広げ、前、後ろと一張羅をひらひらさせていた。

 

「・・・・何してんの。」

「い、いや。その~あれじゃ。

カレーの染みが着いていないか探してただけじゃ。

それじゃあな。依頼、頼むぞ。」

 

そう言いながら、彼女は借りた一張羅を羽織り

駆け足で去っていった。

 

 

「・・・・変なやつ。」

 

男は一人、呟いた。

 

 

しかし、雨を眺める男の顔は

不思議と普段より優しかった。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

彼女は、羽織った一張羅に顔を埋める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・銀時・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

fin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お久しぶりです。

大変ご無沙汰しております。

すぅ∞です。

 

 

PS4やらアマゾンプライムやらyoutubeやらで

すっかりこちらをおろそかにしてしまいました。

 

 

最近はですね、思い悩む日々が続いておりまして。

 

 

皆さんは”自分がどうあるべきなのか”と

考えたことはありますか。

 

 

以前、上司から何かやりたいことはないのか。

 

と聞かれた私は何も答えることが出来ませんでした。

 

 

今の仕事以外でも何かないのか。と言われても

口にすることは出来なかった。

 

 

 

無いことは無いんです。

 

実はいっぱいあります。

 

役者、教師、海外留学、海外永住などなど・・・

 

 

 

 

でも、それを口にすることは出来なかった。

 

 

 

何故か。

 

 

 

 

 

それを行動に移した瞬間、それを口から発した瞬間。

 

ふと考えてしまうんです。

 

 

 

「俺はそれを本当にやりたいのか。」

 

 

 

不思議ですよね。

 

それをやりたいから一歩踏み出したはずなのに。

 

 

下を向いてしまう。

 

 

きっとただ憧れているだけなんだ。

今置かれている状況から逃げたいだけなんだ。

始めたとして、俺はやり遂げられるのか。

 

そんなことばかりが、頭の中を一杯にしてしまう。

 

 

 

ひょっとしたら僕は、ただのめんどくさがり屋なのかもしれない。

 

 

 

 

 

そのくせなんとかしたいと、気持ちはいつも葛藤している。

 

 

 

 

ああ、まるで真面目系クズじゃないか。

 

 

理想ばかり追い求めて何もしない。

 

そんな自分に嫌気がさしてくる。

 

 

 

クルシイ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニーアオートマタ面白いよっていう話

タリラリラ~のこにゃにゃちは。

 

すぅ∞です。

 

 

PS4をお持ちの皆さん、

ニーアオートマタはもうプレイしましたか?

 

 

え!?!?

まだやっていない!?!?

 

え!?!?

何それ美味しいのですと!?!?

 

今、全世界で100万本売れている

大ヒットゲームですよ!!!

 

 

何を隠そう私は、

ニーアオートマタをプレイする為に

PS4を買いましたからね。

(これマジよ。)

 

 

 

まあ前作はやっていないので

そんな大きな態度はとれませんが。(´・ω・`)

 

 

まだやっていない人は是非やって欲しい。

 

すぅ∞に騙されたと思って!

その手にソフトを収めてみて下さい!

 

5/3には追加ダウンロードもありますから。

 

2B専用着せ替え、

 

 

露出の多い女性の服

 

追加されるそうです。

 

 

(●´ω`●)(●´ω`●)

 

 

 

も、もちろん!内容も面白いです!!

最初は2Bの美しさを目当てに買ったオオシマン∞が

 

良かったと言えるんですから!

 

 

しかしまぁ日本のゲームソフトが世界でも

売れているのは何だか同じ日本人として

鼻が高い?とでも言うんですかねwwwww

 

イヤッハッハッハッハッハッハ

 

 

 

すみません。不快でしたよね。

うざいですよね。

 

こうやって話してたら久々にやりたくなってきた。

 

 

2Bが俺を呼んでるぜ!!!!

中古品も視野に入れておくと便利ですよ。という話

皆さんこんにちは。

素材集めに心が折れそうなオオシマン∞です。

 

今日は休みなのでPS4のゴットイーターリザレクションをやっているのですが、

中々自分の欲しいアイテムが手に入らないのです。

 

そこが面白いんじゃん!

 

と、上司に言われたことがありました。

 

・・・素材集める為に同じクエストを何度も何度も

やるのは流石に飽きるわ!!!!!

 

 

 

恐らく世の中ではモンスターハンターのほうが

人気かなと思います。

 

じゃあオオシマン∞はなぜゴッドイーターなのか?

 

その答えは実にシンプル。

 

 

 

 

女の子が可愛いからです。

 

 

アリサかわえええええええ

 

 

物語もあるので私はゴッドイーターを推薦しますね。

もちろんモンハンも面白いです。

(高校生の頃やってました。)

 

 

この間までPS4飽きたとほざいてた私ですが、

何とかまた楽しめております。(●´ω`●)

 

ゲオに行けば、ゴッドイーター2もありますので

しばらく持つかな~

 

中古品ってありがたいですよね。

新品で買うよりも安いので気兼ねなく買えちゃいます!

端末機器を買うのは躊躇いますが

ソフトなら私は買う派です。

 

リサイクルショップとか行くと結構面白いですよ。

家電製品なんか結構安いんで引っ越しの際とか

電機屋で新品買うよりも中古のほうがお得なんじゃないかな。

 

 

ただ、お店によっては酷いのも販売しているので

そこは注意が必要です"(-""-)"

 

 

し〜んぱ〜いないからね♪ 雑談

みなさんこんにちは。

劇団四季のライオンキングが観たいオオシマン∞です。

 

この間仕事の休憩中にヤフーニュース見てたら

犬夜叉の舞台が公演されてるのを知りまして。

 

主役の犬夜叉役をゴールデンボンバー

きゃんさんが演じているんです。

 

…あの人ってギターの人ですよね?

(しかもエアーだし。)

 

どういった経緯で彼が主役になったのか

気になって仕方ありません。

 

普通にオーディション受けたのかな?

 

疑問を抱きながらニュースに張り付いていた

動画観ました。

 

ちゃんとやってましたよ。

バック転までやってました・:*+.\*1/.:+

 

運動神経良かったんですね。

私、犬夜叉好きなので是非とも観たい!

と思っておりましたが、

 

昨日で終幕してしまいました・:*+.\*2/.:+

 

 

残念。

 

 

まだ一度も舞台を観たことがないので

どっかタイミング合わせて

足を運びたいです。

 

ネットで調べたら劇団四季のライオンキングは4月中は公演してました。

 

昔、めちゃイケ劇団四季のライオンキングに出てきた事があったんです。

10分くらいでしたけど、劇の一部をテレビに

映してくれてとても面白そうでした。

 

あと主人公のシンバの声量ハンパない。

(あれ、韻踏んでる。)

 マイク無しであんな大きい声出せるんですね。

 

しかも踊りながら・:*+.\*3/.:+

 

 

 

心配ないさ〜♪

 

の歌聞きたいな〜

 

 

 

 

 

 

 

*1: °ω°

*2: °ω°

*3: °ω°

家の電波が壊滅的な件について

みなさんこんちゃ〜

毎日キャラがぶれぶれなオオシマン∞です。

・:*+.*1/.:+

 

いや〜ほんとに

昨日の件といい、ウチマジで

電波悪いんですよ・:*+.*2/.:+

 

そこまでど田舎でもないのにさ〜

だってリビングで電話が繋がらないんですよ笑

 

雨戸閉めたら圏外だし(´・ω・`)

 

だから家族は電話する際

二階にある俺の部屋にきます(´・ω・`)

じゃなきゃ電波が届かない……

 

電話以外も結構深刻で。

みなさんソフトバンクエアーって知ってます?

これ工事不要なんですよ・:*+.*3/.:+

コンセント挿すだけでWi-Fi飛ばしてくれる

便利なヤツなんです。

 

 

………ただね、

さっきウチ電波悪いって言ってたじゃない?

 

このWi-Fiも結構弱くて(´・ω・`)

 

 

f:id:ohshiman03:20170416085350j:image

 

 

ソフトバンクエアーには、

スマホのように今キャッチしている

Wi-Fiの電波の状態を教えてくれるんですね。

 

で写真を見ると、12個中3個しか

ランプが点灯してないんですよ(´・ω・`)

 

まぁ一応使えますけど

回線スピードが遅い!!!!

 

ps4でソフトのインストール

4時間もかかるくらい(´・ω・`)

 

 

もうゲンナリ・:*+.\*4/.:+

 

 

あ、これはあくまでウチの電波がクソなだけなんで。

ソフトバンクエアー自体はとても便利なんで

お勧めしますよ~

 

 

 

 

 

 

*1: °ω°

*2: °ω°

*3: °ω°

*4: °ω°

最悪

書いた記事が消えた。。。

 

 

 

ああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! )